昨日旦那さんからもう無理かもってメールが来ました。まあもう仕事が無理っていうのは今にはじまったことではなくてずっと前からだったんですけどね。そもそも仕事にむかない人なんですよね。もうつらいから仕事や~めよって辞められたら誰も苦労しないんですよね。まあ仮にやめたとしてそのあとどうするの?っていう話ですよね。まあ少なくとも今住んでいる場所で骨になるのはさらさらごめんですね、絶対に嫌ですそんな人生。それなら最後のお金はたいてもいいので自分たちの好きな場所に住んで好きなことやってから死にたいです。幸せになるために生きてるし生かされていると思っていたんですがここ数年はもう苦しみでしかなくていつか幸せになれる時ってくるのかなと疑問です。というかそのためには自分たちで努力しなければいけないんですけどね。そんなことはわかっています。だから旦那さんも嫌な思いをしてつらい思いをして仕事をしてるんです。早く解放されたいです。馬プラセンタのサプリメント

春に以前住んでいた場所で知り合いになった友人の結婚式の二次会に出席する予定があった日にどうしても譲れない予定が入ってしまったのでいけない事になってしまいました。その日は以前住んでいた場所でバイトをしていた人達があつまるパーティーだったんです。なので久しぶりに会える事を楽しみにしていたんですが、急に行けなくなってしまったのが申し訳ないです。なので写真や動画がUPされるのを楽しみに待とうと思っています。春はやりたい事がたくさんあります。去年の分も楽しまなければと思っています。そういえば今日セブンのドーナツをついにかって食べようかなと思ったんですが、結局食べれませんでした。ドーナツを旦那さんに買ってくるようにラインしたんですが、ラインをみなかったらしくスルーされました。ちょっと悲しかったけど食べるなという事だったのかもしれないと思ってこれでよかった事にしました。いつか食べたい…けどいつ食べるか悩んでいます。トリア脱毛器2016

親元を離れて念願だった一人暮らしを始めてから、もうすぐ1か月になります。初めの頃は、一人って開放的で楽しいと感じていました。でも最近は、家に帰宅してから寝るまで、一言も話さないことが寂しくなり始めました。結局母に電話をして、今日のたわいない出来事をおしゃべりしています。
母の方も私が出ていってから、かなり寂しいと感じていたようです。一人暮らしを始めて、母と私は仲良し親子だったと気づきました。そして、母は私の食事を心配していました。なぜなら実家にいた時は、いつも母の料理を食べていて、自分で作ったことがなかったからです。
そこで母が心配しない様に、自分が料理した写真を母の携帯に送ることに決めました。すると、このきっかけで料理にはまってしまいました。毎日レシピを考えることが楽しくなり、洋風や和風など手の込んだ料理もテキパキと作れるようになりました。
今度実家に帰ったら、ぜひ父と母に私の手料理を食べさせてあげたいです。http://xn--nckgu1cwb4c1fufv059d4p6b.net/

実家に帰った時に必ず会いに行く近所のわんちゃんがいます。
名前は、はなちゃんです。小さめの黒い柴犬で、5歳になります。女の子です。母の知り合いのおじさんが飼っています。
はなちゃんは、生後2か月のころから知っています。私は当時まだ実家にいたのですが、おじさんが子犬のはなちゃんを連れて遊びに来ました。
まだ小さかったはなちゃんとボール遊びをしていると、はなちゃんは興奮してウンチをしました。
それからの付き合いです。
その後に結婚した主人も大の犬好きなので、はなちゃんにメロメロです。今では、私の実家に行くたびに「はなちゃんのところは、いつ行くの?」と聞きます。なので、お盆や正月、ゴールデンウィークに帰ったら、主人も一緒に餌を持っておじさんのところへ行くのです。
会いに行くと、はなちゃんは喜んで飛びついてきます。つめでひっかかれると痛いです。先月ひっかかれた傷はまだ残っています。それでも、やはりかわいいです。
たまにおじさんが留守ではなちゃんに会えないこともあります。そんなときは、餌をポストに入れて帰ります。家の外から「はなちゃん」と呼ぶと、ドア付近にいるはなちゃんが「くーん、くーん」と甘えてほえます。それがまたかわいいです。
また連休がくればはなちゃんに会える、と思って帰省を楽しみにしている私と主人です。宅配クリーニング